ECサイト構築の費用感やツール解説!初心者要チェックの構築サービス比較あり

こちらの記事ではECサイト構築のための具体的な方法とその費用感、ECサイトを成功させるためのポイントを紹介いたします。これからサイトを運用しようと思っている企業様はもちろん、運用中の皆様も改善のヒントがきっとあるはず。ECを着手したい!改善したいと思われている人は、ぜひ最後までご覧ください。

2024-07-01
Category:
ECサイト構築

▼この記事でわかること

  • ECサイト構築の方法
  • ECサイト運営を成功させるポイント
  • サイト構築までの事例

こちらの記事ではECサイトの構築方法から費用感、構築するためのツールの選び方まで詳しく解説します。これからECサイトを作ろうと思っている皆様の参考にきっとなるはず!ぜひ最後までご覧ください。

ECサイト構築の方法

まずは、ECサイトを構築する際に考慮すべきポイントを押さえましょう。

▶︎ 1. 構築方法の選択

ECサイトを構築する方法としては、主に以下の4つが挙げられます。

  • ASPサービス・クラウドサービス: アプリケーションサービスプロバイダー(ASP)は、ホスティングされたECプラットフォームです。低コストで始められ、メンテナンスやアップデートもプロバイダーが行うため、技術的な知識が少ない方や小規模事業者に適しています。例えばShopifyやBASEなどがあります。
  • オープンソース: オープンソースのECプラットフォームは自由にカスタマイズでき、ソースコードへのアクセスが可能です。しかし、自己管理が必要であり、セキュリティやアップデートも自分たちで行う必要があります。例えばWooCommerceやMagentoがこのカテゴリーに入ります。
  • パッケージ: 事前にパッケージ化されたソフトウェアを購入して、自社のサーバーにインストールします。カスタマイズ性とコントロール性に富んでいますが、初期投資が必要になります。
  • フルスクラッチ: 完全オリジナルのECサイトをゼロから開発します。最も高コストで時間もかかりますが、完全にカスタマイズされたソリューションが得られます。


▶︎ 2. ECサイト制作の手順と費用

ECサイト制作の基本的な手順は以下の通りです。

  1. 目的とターゲットの明確化: どのような商品を、誰に向けて売るのかを明確にします。
  2. プラットフォームの選定: 上述した4つの方法から、自社に最適なものを選びます。
  3. ドメインとホスティングの設定: ECサイトのアドレスとなるドメインを取得し、ホスティングサービスを契約します。
  4. サイトデザインと構築: ユーザー体験を考慮したサイト設計と、商品登録や支払い方法の設定を行います。
  5. セキュリティ対策: SSL証明書の設置や、個人情報保護の対策を施します。
  6. テストと公開: 全ての機能が正常に動作するかテストした後、サイトを公開します。
  7. マーケティングと運営: SEO対策やSNSを活用したプロモーションを行い、運営を続けます。

費用は選択するプラットフォームやデザインの複雑さ、追加機能の有無によって大きく変わります。
ASPサービスやオープンソースは比較的低コストで始められますが、パッケージとフルスクラッチでは初期費用や維持費が高くなります。

ECサイト構築の方法と費用感

規模により金額は大きく変わるため、ここでは概算でしか出していませんが、大まかにはこのような認識で問題ないでしょう。

▶︎ 3. ECサイト構築ツールの選び方

適切なECサイト構築ツールを選ぶには、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • ビジネスの規模: 小規模であればASPサービス、中~大規模であればパッケージが適しています。
  • 予算: 初期投資と運営コストを考慮し、総コストがビジネスの規模や収益モデルに合っているかを確認します。
  • カスタマイズ性: サイトの独自性や特殊な機能が必要かどうかによって、オープンソースやフルスクラッチの選択が必要になる場合があります。
  • サポート体制: 初心者の場合は、サポートやドキュメントが充実しているツールを選ぶことが重要です。
  • 将来の拡張性: ビジネスの成長に合わせて機能追加やカスタマイズが可能なツールを選ぶことが望ましいです。

これらのポイントを踏まえることで、自社に適したECサイト構築ツールを選ぶことができるでしょう。尚、先ほど紹介したECサイト構築ツールのメリット・デメリットを整理すると、以下の通りとなります。

各ECサイト構築方法のメリットとデメリット

各構築方法の特性を理解し、自社のニーズやリソースに応じて最適な選択をすることが重要です。例えば、迅速な立ち上げを優先する場合はASPサービス・クラウドサービスが適していますが、独自性やカスタマイズ性を重視する場合はオープンソースやフルスクラッチが適切かもしれません。

主なECサイト構築会社やツールについて

先ほどはECサイト構築の方法別で費用感や特徴を紹介しましたが、ここでは具体的なサービス別で見ていきましょう。

  1. ecbeing:some text
    • パッケージベースのECサイト構築で、基本機能が含まれている。
    • 初期費用:500万円~
    • 月額費用:10万円~
    • 拡張性:カスタマイズ可能
    • 製品例:ecbeing、コマース21
  2. EC-CUBE:some text
    • オープンソースモデルで、プログラムコードが公開されている。
    • 初期費用:1億円~
    • 月額費用:0円(制作費等は除く)
    • 拡張性:カスタマイズ可能
  3. Makeshop:some text
    • 有料ASPで、機能が充実している。
    • 初期費用:~1億円
    • 月額費用:~10万円
    • 拡張性:不可
  4. BASE:some text
    • 無料ASPで手軽に始められる。
    • 初期費用:~1億円
    • 月額費用:0円(手数料は除く)
    • 拡張性:不可
  5. メルカート:some text
    • クラウドEC・SaaSで、一部制限あり。
    • 初期費用:1億円~
    • 月額費用:300万円~
    • 拡張性:可能

商品登録の方法

商品登録は、ECサイト運営の基礎となります。特に新たにECサイトを立ち上げた際には、商品データの正確な入力と管理が重要です。CSVを使って一括で商品を登録する方法もありますが、最初は手動で商品を登録してみることをおすすめします。

以下に、手動での商品登録の基本的なステップを紹介します。

▶︎手動での商品登録のステップ

  1. 商品情報の準備some text
    • 商品名、価格、商品説明、SKU(在庫管理番号)、バリエーション(色、サイズなど)、重量(配送用)、商品画像など、登録が必要な情報を事前に準備します。
  2. ECサイト管理画面へのログインsome text
    • 使用しているECプラットフォームの管理画面にログインします。
  3. 商品登録ページへ移動some text
    • 管理画面のナビゲーションから「商品登録」や「商品追加」のセクションへ移動します。
  4. 商品情報の入力some text
    • 準備した商品情報を、各項目に沿って入力します。商品画像は高解像度で鮮明なものを選び、可能な限り複数枚アップロードするとよいでしょう。
  5. 商品オプションの設定some text
    • 商品にバリエーションがある場合(例:色やサイズの選択肢)、それぞれのオプションを設定します。各バリエーションに対して価格や在庫数の差異がある場合は、ここで指定します。
  6. SEO設定の入力some text
    • 商品ページのSEO向上のため、メタタグ(タイトル、説明、キーワード)を適切に入力します。これにより検索エンジンでの商品ページの表示が改善されます。
  7. 商品の公開some text
    • 全ての情報を入力し終えたら、商品を公開します。公開前には、入力内容に誤りがないか確認することが重要です。
  8. 商品ページの確認some text
    • 商品が公開された後、実際のECサイト上で商品ページが正しく表示されるか確認します。表示が崩れていないか、リンクが正しく機能しているかなどをチェックしましょう。

▶︎ 商品登録時のポイント

  • 詳細かつ正確な商品説明: 購入者が商品を理解できるよう、詳細かつ正確な説明を心がけます。
  • 魅力的な商品画像: 商品の魅力を伝えるために、複数の角度から撮影した高品質な画像を使用します。
  • キーワードの最適化: 検索エンジンで見つけやすくするために、商品名や説明文には関連キーワードを含めます。

手動での商品登録は時間がかかる作業ですが、商品情報の正確性を保ちやすく、サイトの品質を維持する上で非常に有効です。商品データベースが大きくなったら、CSVを使った一括登録も検討してみてください。

ECサイト構築よくある質問

ECサイト構築の際、多くの企業やユーザーが感じる疑問について回答しました。皆様が抱えている問題と類似する内容もあるかもしれません。こちらも併せて確認してみましょう。

▶︎ ECサイト構築は個人でもできるのか?

はい、個人でもECサイトを構築することが可能です。前述の通り、近年様々なECサイト構築ツールやプラットフォームが登場しており、プログラミングの知識がなくても直感的な操作でサイトを立ち上げられるようになっています。特にASPサービスは、初心者でも簡単にオンラインストアを開設できるように設計されています。費用面でも、無料から始められるオプションが多数あり、個人事業主や小規模事業者でも低リスクでECサイトを開始することができます。

▶︎ 初心者でもできるECサイトの作り方を教えてください

こちらも前述した内容と一部重複しますが、初心者の方に限定した内容で整理すると、以下の通りとなります。

  1. 目的とターゲットの明確化some text
    • 何を売りたいのか、誰に売りたいのかを明確にしましょう。これにより、サイト設計やマーケティング戦略が具体化します。
  2. プラットフォームの選定some text
    • 初心者には特に、操作が簡単でサポートが充実しているASPサービス(例:Shopify、BASE)や、カスタマイズ性と拡張性を備えたオープンソースのCMS(例:WooCommerce)がおすすめです。
  3. ドメインとホスティングの選定some text
    • サイトのアドレスとなるドメイン名を決め、ホスティングサービスを選びましょう。多くのECプラットフォームでは、これらを一体化したサービスを提供しています。
  4. デザインと商品登録some text
    • ECサイトプラットフォームのテンプレートを利用することで、デザインの知識がなくても美しいサイトが構築できます。商品情報を丁寧に入力し、魅力的な写真とともに登録しましょう。
  5. 支払い方法と配送設定some text
    • 顧客が利用しやすい支払い方法を設定します。また、配送オプションの設定も忘れずに行いましょう。
  6. 法律遵守とセキュリティ対策some text
    • 個人情報保護方針や利用規約を設定し、SSL証明書によるセキュリティ強化も行います。
  7. テストと公開some text
    • 全ての機能が正常に動作するかテストした後、サイトを公開します。
  8. マーケティングと運用some text
    • SNSを活用したプロモーションやSEO対策を行い、サイトの訪問者数を増やしましょう。定期的に内容を更新し、顧客とのコミュニケーションを大切にすることが成功への鍵です。

ECサイトの構築と運営は、学習と試行錯誤のプロセスです。最初は小規模から始めて、徐々にサイトを拡大していくことをおすすめします。また、オンラインコミュニティやフォーラムで情報を得たり、成功事例を学んだりすることも大いに役立ちます。

▶︎ ECサイト構築の助成金について教えてください

ECサイトの構築費用は、「国や自治体による補助金制度の対象」として一部補助してくれることがあります。EC構築の主な補助金制度は、以下の種類があります。

  • IT導入補助金制度(最大450万)
  • 事業再構築補助金(最大6000万円)
  • 小規模事業者持続化補助金(最大100万円)

この他にも、地域などの独自の補助金制度もあるみたいなので、ぜひ地域名を用いて検索してみてください。

▶︎ フルスクラッチは時代遅れなのか?

フルスクラッチ開発は、自由度の高さと、緊急時の迅速な対応、全ての要件に対応できるカスタマイズ性がメリットですが、高コストと長い開発期間、システムの陳腐化といったデメリットがあります。かつては中・大規模ECサイトの主流でしたが、ECパッケージやクラウドECの機能拡張により、その優位性は低下しました。特に大企業以外では、フルスクラッチでのPDCAサイクルの実現は困難であり、多くの企業にとってはパッケージやASP・クラウドECが現実的な選択肢となっています。

総括

ここまでの内容を総括します。ECサイト構築は、主にASPサービスやオープンソース、パッケージ、フルスクラッチの4つの方法があり、初心者でも低コストで始めることが可能です。

具体的なステップとしては、目的とターゲットの明確化、プラットフォームの選定、デザイン、商品登録などが含まれます。選択するツールにはビジネス規模や予算、カスタマイズ性などを考慮し、商品登録は手動から始めて、次第にCSVを用いた一括登録へと進めると良いでしょう。

尚、弊社ではECサイト構築の支援サービスを展開しております。既存のサービスの導入のみならず、目標設定から運用サポートまで幅広く対応可能です。お困りごとがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

Tags: